機械式時計の種類とメンテナンスの方法とは


ファッショナブルな時計もある

機械式時計というとフォーマルなシーンに使える時計も多いですが、カジュアルなシーンにも使うことができるファッショナブルな商品も少なくありません。文字盤に色々なストラクチャーが入っていたり、おしゃれなデザインの時計を選ぶことで、普段着にも合わせて使うことが可能です。もちろんすべてのシーンに活用できるシンプルなデザインのものも有りますので、機械式時計を選ぶ際には自分の好きな種類のものを選ぶのも良いでしょう。

日頃から出来るお手入れとは

機械式時計を使うに当たってはお手入れをしながら使うことで、綺麗な状態を保つことができます。まず金属バンドやラバーバンドの場合には、皮脂や汚れなどが付着することもありますので、定期的に時計本体から取り外して清掃などを行うようにしましょう。中性洗剤で清掃をすることでスッキリと落とすことができます。皮革のバンドの場合には、汚れたら新しく交換するという方法も有りますが、簡単な汚れならば拭けば落ちることもあります。

オーバーホールも大切

駆動方法が自動巻きの場合でも手巻きの場合でも、オーバーホールは大切です。注油すべき場所に注油を行ったり、部品を交換したり分解清掃することが機械式時計では無くてはならないメンテナンスです。毎日使っているものならばできれば3年おきに、そこまで使用頻度が高くないものの場合でも5年おきにメンテナンスをしましょう。全く使っていなかった場合でも、内部が汚れていたりメンテナンスが必要なことが有りますので、時間が進みすぎたり遅れたりするような場合には、メンテナンスが必要です。

パテックフィリップは、スイスの高級時計メーカーです。永久修理を看板とし、その技術力とデザインが生み出す高級感が魅力です。現在では腕時計が有名ですが、もとは懐中時計の製作からスタートしています。