屋上緑化で快適な生活を!?屋上緑化に便利な情報


屋上緑化の便利な効果

屋上や屋根の上に植物や木々を植えることを屋上緑化といいます。屋上緑化をすることは、古くから日本で行われてきていました。その主な目的とは、夏場に緑の影を作ることによって建物内部の温度の上昇を抑えるということです。屋上のみならず壁に這うように、あるいは建物の近くに植物があると、植物の葉が影になって影を作り、直射日光が室内に入ることを防いでくれます。また、植物が蒸散することによって、室内の涼がとれるという効果もあります。これによって、エアコンの使う頻度を抑えることができるという省エネ効果も期待されています。

このほかには、建物の耐久性や保水力、防音性を保ち、景観をよくすることも目的のひとつです。

屋上緑化は計画的に行うべき

屋上緑化を、どのような目的で行うかは人それぞれです。しかし、必ず計画的に行わなければなりません。これは、緑化を行う建物を守ることも一つの理由ですが、同時に近隣にかかる迷惑を最小限に抑えることも理由です。計画性もなく、屋上緑化を始めてしまうと、植えたいと思った植物も建物の重さや保水力の関係から植えることができなくなる可能性もあります。また、落葉樹を屋上庭園の外側に植えてしまうと、近隣住民に落ち葉が迷惑をかける可能性も高いでしょう。これを避けるために、屋上庭園づくりの専門家と相談しながら行うことが重要です。

助成金も参考にしながら

屋上庭園は、省エネ効果や景観の向上といったメリットがあります。そのため、自治体によっては屋上庭園を行うことを進めている場合も多いです。それらの自治体では屋上庭園を行うにあたって助成金の制度が設けられています。助成金制度を活用すれば、お得に屋上緑化ができるのでお勧めです。

屋上緑化とは屋根や屋上に植物などを植えて緑化することで、紫外線や酸性雨などから建築物を保護します。また植物の空気清浄効果や癒しの効果もあると言われています。