そんな特徴があったの!?壁面緑化のメリット3点


一般住宅にも多い壁面緑化

地球温暖化が問題となる昨今、屋上緑化や植栽など様々な対策法が実施されていますよね。中でも壁面緑化は一般住宅で広く取り入れられています。今回は、この壁面緑化のメリットについてご紹介します!

壁面緑化のメリット?エネルギーの抑制

壁面緑化は屋上緑化と同じような効果が期待できます。壁面に植物を設置することで、直射日光を防ぐクッションになり、建物の温度上昇を抑えます。建物内の温度を下げることに繋がるので、少々の暑さなら冷房の使用頻度を少なくできますよ。

そして、夏だけでなく冬にも良い影響を与えます。壁面緑化は外からの熱を遮断するだけでなく、室内の熱を逃がさない特徴も持っているのです。暖房で暖まった室内の空気が逃げないので、保温に繋がります。

壁面緑化は室内、室外に対して省エネ効果が期待でき、無駄なエネルギーの抑制に導きます!

壁面緑化のメリット?遮断

壁面緑化が優れている二つ目のポイントは、建物内に紫外線など直射日光が入らないようにする点です。日差しの強い家庭に取り入れられることが多く、隙間から入る光で日向ぼっこを楽しむ方もいるようです。また、カーテンとしての役割も持ち、柵に絡みつけて外から見えないようにすることもできます。街中のビルにある壁面緑化のように、定期的に管理されているものは景観の向上にも繋がりますよ!

壁面緑化のメリット?空気の浄化

壁面緑化の最後のポイントは空気を綺麗にする点です。植物は二酸化炭素を吸収して酸素を排出しますよね。壁面緑化は車など二酸化炭素の排出が多い地域で活用すると効果が期待できます!汚れた空気の浄化をするので、環境の良い街づくりに繋がりますよ。

壁面緑化は壁を植物で覆うことで、紫外線などから建物を守ります。使われる植物は様々で、ハイゴケヤマゴケなどのコケ類を始め、ツワブキやタマシダなどのツル系などいろいろな種類が使われています。