長く使いたい方必見!機械式時計の正しい使い方や手入れ方法とは


機械式時計の仕組みとは

腕時計に限らず、掛け時計や置き時計には、数多くの繊細な部品が使われています。部品の中には、小さなホコリと見間違うほどの歯車もありますよね。そして最終的に、その部品一つ一つが組み合わって動くのです。

そんな機械式時計を扱うときは、できるだけ慎重に扱い、保管する時もいくつかの注意を守りましょう。

機械式時計が水に弱い理由

機械式時計は、先ほども紹介したように、繊細な部品構成です。さらに、その部品一つ一つは金属製で、サビや汚れなどの影響をダイレクトに受けます。目に見えないほど小さなホコリでも、歯車に絡みつき、故障の原因になることは十分考えられますよ。

したがって、防水加工がされていない機械式時計は注意してください。直接水をつける行為もNGですが、湿気などの悪影響も受けてしまいます。保管する際は、ホコリや湿気の影響を受けない保管場所がオススメです。特にアンティークの機械式時計は、当時の技術力が影響し、部品の隙間、つまり密封状態にはなっていません。

機械式時計はショックにも弱い

さらに機械式時計は、外部からのショックにも弱いです。ちょっとした衝撃でも、内部構造に負担を与え、すぐには壊れなくても影響を与える可能性が十分ありますよ。したがって激しい運動の際は、念のためはずしましょう。また、腕時計を外して置く際も、そっと置くようにしてくださいね。

以上が、機械式時計を扱う際に注意すべきポイントです。より長く使うために、大切に扱い、機械式時計に適した環境下で保管しましょう。

ウブロは、ビッグバンシリーズで有名なスイスの高級腕時計メーカーです。常識にとらわれず、伝統的な素材と最新の素材を融合させるフュージョンという戦略でよく知られています。