機械式時計を持っている方は必見!長期間使用できる手入れ方法を紹介


長く使い続けるには定期的な手入れが必要!

機械式時計は長い歴史に培われてきた実績と信頼性、優れたデザイン性から現在でも愛用している方は少なくありません。クォーツ式の時計とは違って電子部品が使われていないので、万一あるパーツに不具合が生じても時計の専門店などに持って行けば修理は十分に可能です。そのため、機械式時計には長期間使い続ける事ができるという利点もあると言えるでしょう。しかし、そのためには普段からの手入れをきちんと行う必要があります。機械式時計を含めた腕時計は毎日使っていると汚れが目立ってきます。もしそのような汚れを長い間そのままにしてしまうと、いざ汚れを落とそうとしても取れなくなってしまう可能性があります。そうならないためにも定期的に柔らかい布などで拭くようにすると良いでしょう。

オーバーホールは忘れずに行いましょう!

機械式時計の場合、定期的にオーバーホールする必要性があります。オーバーホールとは、分解して部品の点検や修理、交換を行う事です。機械式時計の場合、一定の周期で分解して部品の状態をチェックし、必要であれば油をさすなどの処置が必要になります。オーバーホールの一般的な基準は5年周期と言われています。部品を分解して洗浄し、油をさすだけでもそれぞれの部品にかかる負荷は軽減できるので、長期間使い続ける事が可能となります。一方、長い間使っていると細かいキズなども目立ってきます。もし細かいキズが気になるという方は、時計を研磨してもらうと良いでしょう。研磨作業は製造したメーカーにてアフターサービスとして無料でやってもらう事ができます。

オーデマピゲは1875年創業のスイスの高級時計メーカーです。世界三大高級時計メーカーの一つとされ、創業以来製造した全ての時計の修理を保証しています。